実はつい最近まで大学ではインプラ

実はつい最近まで大学ではインプラントを学ぶことができませんでした。勉強熱心な歯医者さんたちはトップシェアのインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、有力なインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。
今は大学でもしっかり学べるので、今後は今よりも優秀な歯科医が増えそうです。
インプラント治療を実施している歯科医院は全体のおよそ20%ほどしかありませんが、その限られた歯科医院の中から信用できる歯医者さんを自力で見つけ出すのは困難を極めるかもしれません。
もしあなたが本当にインプラント手術を検討するなら、最初にしなければいけないのはインプラントについての知識を身につけることから始めるべきです。インプラントで信頼できる歯科医は、他の歯科医院で断られた難症例でもしっかりと対応できる歯科医、と言い換えることができます。難症例で代表的なものに『充分な骨がない』という症状があります。最近では骨造成という高度な技術が確立されているので、骨がなければ骨を創ってそこにインプラントを埋入します。
自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたくても、手術自体が恐ろしくて最初の一歩が踏み出せない、という方もいるかもいしれません。恐怖心があると治療全般にわたって過剰な反応をしてしまい、危ないシチュエーションを自らの手で作り出してしまいます。
実は嬉しいことに、恐怖心を感じなくなるという麻酔があります。
インプラントにしたくて歯科医を訪ねたにもかかわらず、「あなたにはインプラントはできません」と言われたらどう思いますか。実はきちんと断ってくれる先生はいい歯医者さんです。悲惨なのは、症状と自分の実力が釣り合わないことが分からない歯医者さんです。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ