看護師の資格を得るための国家試験

看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを持ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。
看護師になりたい理由は本当に何をきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。以前の職場への批判などは口にしないことが大事です。
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは不可能だと思います。興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人も数多く載っています。看護師の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になります。
産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことをいいます。看護師と聞けば病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。
仕事の中身や役割は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ