入れ歯そのものに抵抗感がある

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。
インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ