インプラントの治療技術が特に発展している

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくというのもありえます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ